このBlogはSkypeを応援しているかもしれません

本仕事の方で、コアタイムを指定しようとする意思があるようで。
そんな工程一覧のアウトラインがメールで回ってきたのでちょっと考えてみるテスト。

しかし、そんなに同じ時間・場所でやらなきゃ心配なんですかね。
僕の役回りは、ソフト部品というかエンジンの供給者であって、
プロジェクトの推進要員ではないはずなんですけど…

そもそも彼らとはマインドが違いすぎるのかもしれないが、
面と向かわないとメトリクスが取れないというのも、今時変な話なわけで。
僕は支払給与ではなく事業所得の人なので自分に負荷のかかる
仕事の仕方の要請はは敬遠せざるを得ないのです。

しかしながら、もう一方の仕事では、それでうまくやれている。
別の仕事もそれでうまく回る。この違いは何処から来るのでしょうかね。

要は、必要十分なコミュニケーション手段と成果物を入れるリポジトリと
遠隔から使えるセキュアな通信路があればいいのです。

結論:Skypeは(・∀・)イイ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です